チラシデザイン・フライヤーデザインを魅力的にするには

チラシやフライヤーを作成する前に心がけておくと良いのは、目にされてから必要性の有無を判断されるのは1秒もかけてもらえないという事実です。

そのため、時間との勝負となりいかに長い間見てもらえて目的に繋げるデザインが実行できるのかが肝になります。

そうした点から魅力的なデザインとは、単に凝っていてハイクォリティーであるだけではなく、瞬間的にインパクトが残るものという物です。

チラシ・フライヤーデザインにはアイキャッチを

ポイントになるのは集中して見てもらえたり、話題になるデザインのきっかけになるいわゆるアイキャッチを導入するという事です。

強烈な印象を瞬間的に与えられるフレーズもありますが、やはり人間にとって有用性が高いのはビジュアル的な効果です。

お店がチラシを作成する際には目玉商品を前面に出すのが良いですし、イベントといった催しであるのなら大トリやヘッドライナーという盛り上がりが最高潮になる情報を大々的にアピールします。

 

チラシデザインを魅力的にするには

チラシのコンテンツをよく考えよう

また、デザイナーや組織の独りよがりをしてはならず、見てもらいたい人をよく考えてみるのも大切です。

フライヤーなどは不特定多数の方々に手に取って頂き、できるだけ大勢に見てもらいたいという目的があるので、一見絞込を講じるのは矛盾しているように感じますが、万人受けを目指すと必然的にインパクトが落ちてしまい、話題になるデザインとは程遠い仕上がりになります。

そのため、経験豊富なアーティストであるほど一切興味関心を抱いて頂けない人が居る事を前提とし、届けたい対象に定めた戦略が練られます。

そして、逆説的ではあるものの意識的に対象を限定的にした方が記憶に残してもらいやすいですし、自分が知らない事を目にした者が意味を知ろうとして、結果的に目的に繋げるデザインに成長する事例もあります。

SNSを意識したデザインも効果的

もちろん、世の中にある魅力的なデザインとは奇抜でよく見ても意味がわかりにくい作品もあるのですが、それらは凄いものを見たといった様子で口コミで広まりやすく、現代のSNSとの相性も良いためあえて個性的にするのも一つの手段です。

チラシ 依頼

フライヤー・チラシデザイン制作

商品パッケージ 企画・デザイン

パッケージデザイン作成依頼

デザイン事務所 依頼

広告制作・広告デザイン

チラシ製作のコツ・技

チラシデザインする上で疎かにしてはならないのはレイアウトであり、拘っているのとそうではないのを比べた時に感じる見やすさやわかりやすさの違いは圧倒的です。 いざチラシデザインをしてみようとした時、真っ白な紙を前にすると筆が進まず何から手を付けてたら良いのかわからなくなりますが、難しく考える必要はありません。 今現在お伝えしたい情報をとりあえず紙に対して書き出していき、もう一枚白紙を用意し書き出したものを整頓していけば良いです。

飲食店のポスターデザインのポイント

飲食店のポスターデザインをするときに、お店のジャンルによっても色の配色や、文字の書体も変わってきます。落ち着きのあるカフェといった場合なら、コーヒーをイメージする黒やこげ茶に、落ち着似のある深緑や清潔感のある白といった3色を選ぶとイメージに合います。 また、ファミリーレストランといった洋食系なら、赤や黄色、オレンジといった温かみのある暖色系だとみんなでワイワイ食べる、楽しい空間といったイメージになります。

美容室・サロンのチラシデザインのポイント

美容室やヘアサロンのチラシを作成して集客力をアップしたいと思うのであれば、チラシデザインはとても重要です。チラシの印象を決めるのは、文字のフォントです。フォントを変えるだけで、同じチラシでも読み手に与える印象は変わります。 代表的なフォントはゴシック体と明朝体です。ゴシック体は縦と横の線の太さが同じで、カジュアルで男性的、力強いイメージです。それに対して、明朝体は筆で書いたような、とめやはらい、があるので、女性的、洗練された、おしゃれな雰囲気が感じられます。美容室やヘアサロンのチラシデザインとして用いるなら明朝体がおすすめです。

商品のPRにはチラシを活用しよう

新聞や書籍などこれまで紙が当たり前であった媒体が続々とデジタル化されており、新聞に折り込まれているチラシも例に漏れず電子化されています。 しかも、ウェブブラウザで既成の物を見るわけではなく、スマートフォン向けに特化されたチラシデザインがアプリで配信されるといったように、単なるデジタル化に限らず寄り添い方にも変化が起きています。 新聞購読の有り無しに関わらず、スマートフォンがあれば誰もが見られるので、従来の方式に比べると目にできる人数は桁違いに多くなりますが、デジタルだと自発的に見ようとしなければ目にされません。