チラシの宣伝効果を左右するデザインを決めるときのポイント

チラシの宣伝効果を最大限に発揮するためには、デザインが重要です。効果を感じないときに適当に対策をしても無駄に終わる可能性があるので、適切な対応をしましょう。チラシのデザインで注意したいのは、レイアウト・配色・フォントの3つです。デザインを決めるときは、アレも入れたいコレも入れたいとなり情報過多になりがちです。しかし文章や写真を詰め込みすぎてしまうと、余白がなく見た人にはわかりにくくなります。レイアウトは、伝えたい内容に優先順位を付けメリハリを意識することが大切です。配色もレイアウトと同様にゴチャゴチャするのは、宣伝効果を低くする原因です。統一感のある配色にして、ピンポイントで別の色を使うと目線を誘導しやすくなります。また色の効果を意識するのも重要で、例えば食品系のチラシなら暖色が良いでしょう。

チラシデザインのカラー選択で、与える印象がガラリと変わる。

赤やオレンジといった暖色は食欲増進の効果があるので、チラシに掲載されている料理や食材の写真も美味しく見えて、買いたいと読み手に思わせることができます。文字に使うフォントも、チラシ全体の印象を大きく左右するポイントです。例えば明朝体なら上品な印象を与えてしまい、気軽に立ち寄ってもらいたい店舗には合いません。フォントを選ぶときには、紹介する商品や店舗のイメージに合わせて選ぶことが重要です。他にもチラシのデザインを決めるときには、読みたくなるようなキャッチコピーを大きく使ったり、それに関連する写真を大きく使い一貫性を持たせることが大切です。キャッチコピーと大きく掲載されている写真に一貫性がないと、読み手に意図を伝えることができません。宣伝効果も落ちてしまうので、一貫性を持ったデザインにするのは一番重要なポイントです。また店舗のチラシなら、営業時間や電話番号などをわかりやすい場所にデザインすることも大切です。パッと見てわかる場所に営業時間や電話番号が書いてあれば、宣伝効果を高めることができます。