飲食店のポスターデザインのポイント

カフェのポスターデザインを制作する場合

飲食店のポスターデザインをするときに、お店のジャンルによっても色の配色や、文字の書体も変わってきます。落ち着きのあるカフェといった場合なら、コーヒーをイメージする黒やこげ茶に、落ち着似のある深緑や清潔感のある白といった3色を選ぶとイメージに合います。

レストランのポスターデザインを制作する場合

また、ファミリーレストランといった洋食系なら、赤や黄色、オレンジといった温かみのある暖色系だとみんなでワイワイ食べる、楽しい空間といったイメージになります。

 

飲食店のポスターデザインについて

お寿司屋さんのポスターデザインを制作する場合

お寿司は海のイメージから、綺麗な青や白、黒で和食のイメージさせることもできます。和食には赤や緑、黒といった歌舞伎を思わせるような色を用いるとテイストにあってくるでしょう。

ポスターの書体選定も大切

また、書体もお店をイメージさせるのに大切な役割があります。ポップ体は丸くなっているので、お子様やファミリーといった楽しいイメージを連想させます。

ゴシック体もクセがなくカジュアルでシンプルな親しみやすいイメージです。明朝体は線が細くシャープで上品なイメージがあるので女性が好みそうなおしゃれなテイストのお店に向いています。筆文字は和食のイメージが強いでしょう。もちろん文字にもアクセントを付けるために、大きさや書体を組み合わせる事でメリハリのあるポスターが出来上がります。キャンペーン企画で目立たせたいときに活用すると良いでしょう。ゴシック体と明朝体を組み合わせ、文字サイズの変化させるととても見やすく、まとまりあるポスターに仕上がります。

ポスターデザインで季節感を

また、季節感を出すために、春なら桜、夏ならひまわり、秋なら紅葉やイチョウ、冬なら雪の結晶、雪だるま等のイラストをさりげなく入れる事で、目に留まる効果もあります。他にも季節のイベントのアイテム、花火やお弁当、運動会、クリスマスといったものを活用するのも親しみがわきようでしょう。文字だけでなく、イラストや限定メニュー等の写真もいれるとより効果的で分かりやすいポスターとなります。お店の地図やお店の詳細も下の方に入れておくとより分かりやすく、お客様が足を運びやすい効果もあるでしょう。